Japanese Association of Industrial / Organizational Psychology

産業・組織心理学会の設立にあたり

  20世紀初頭以来、人間の生涯における重みを一貫して増大させてきた経営組織体およびそれをめぐる諸状況は、21世紀を近い将来に望む今日に至って、情報技術を中心とする先端的技術革新の進展にともない、全く新しい局面を迎えようとしております。産業文明の深化とともに諸先達によりその研究が開始された産業心理学は、心理学の応用領域の中核としてすでに目ざましい発展をとげておりますが、情報化社会の本格的幕開けに臨み、一層の質的飛躍を求める挑戦に遭遇しております。
  この挑戦は、産業文明の根幹である機能集団をめぐる諸々の人間問題を研究するために、私たちが立脚してきた前提そのものに対して根元的な問いを投げかけようとしています。経営体を職務の集合と見、これを基盤として産業文明における人間の行動と心を研究するといった理論枠組そのものが変換を迫られているのだと申せましょう。
  生産と消費の主体である個人が、その使用価値にもとづいて類別、調達、活用、開発され、他者の管理意図によって組織され、所定の物理的環境の下に作業を遂行し、誘導された欲求体系に動かされて消費するといった状況は、すでに根底から揺らぎはじめており、真の生活者として充実した生き方を求める人びとの願望は今や臨界点に達しようとしております。
  このような時代的背景をふまえ、(1)個々人および集団が人間の可能性を基盤として成長し、(2)効率的であると同時に健康的かつ生きがいのある組織を形成し、(3)心と行動の統合体として作業を遂行し、(4)文化的生活者として消費することのできる条件を探究するため、私たちは、ここに産業・組織心理学会を設立することといたしました。本学会は、この趣旨に沿って研究分野を次の4部門に分かち、研究者と実務家、個人と団体の有機的連帯の下に、当面する問題と基本的問題の両面に光をあてつつ活動を展開してゆきたいと考えております。
  (1)人事部門 (2)組織行動部門 (3)作業部門 (4)市場部門
  大学その他の研究教育機関、および各企業、団体における諸先達ならびに同学の方々のご入会を切にお願い申しあげますとともに、広範なご支援ご協力を賜わりますよう、ここにご案内申しあげる次第です。

1985年8月
発起人代表 豊原 恒男

【発起人】
東 清和、佐藤 隆、生田日常光、古川 久敬、山田 雄一、稲毛 教子、佐野 勝男、西岡 昭、塹江 清志、横田 澄司、大川 信明、志津野和文、仁科 貞夫、正田 亘、横山 哲夫、大沢 武志、白樫三四郎、西山 啓、松井 賚夫、吉田 正昭、岡村 一成、杉渓 一言、橋本 仁司、松浦 健児、若林 満、金平 文二、関本 昌秀、蜂屋 良彦、丸山 康則、神作 博、田尾 雅夫、馬場 房子、万成 博、小坂 弘行、田崎醇之助、馬場 昌雄、南 隆男、越河 六郎、長町 三生、二村 敏子、宮本 昇

 

会長挨拶

産業・組織心理学会 会長 金井篤子
 近年の経済環境の変化やグローバリゼーションの影響により、働く環境は常に変動し、複雑化しています。このような環境下、いかに働くかは非常に大きなテーマといえます。
 産業・組織心理学会は設立趣旨にありますとおり、心理学分野の中でも、特に産業・組織にかかわる人間行動に特化した研究知見を生み出し、社会に還元することを目的として、1985年8月に設立されました。以来、人事部門、組織行動部門、作業部門、市場部門(現在の消費者行動部門)の4つの研究部門を核として、研究発表の場である年次大会(年1回)、部門別の研究成果を議論する部門別研究会(年4回)、研究成果を論文化して発行する審査付機関誌(産業・組織心理学研究)(年2回発行)、この領域の知見を集めた『産業・組織心理学ハンドブック』(2009、丸善)の発行などの活動を行ってきました。この間、設立当初130名余であった会員数は1,000名を超え、年次大会は28回、機関誌(産業・組織心理学研究)は26巻(各巻2号発行)となりました。
 本学会の特徴としては、多くの心理学会の中でも、より応用的であることがあげられます。また、会員も研究者のみではなく、行政や企業の人事や教育担当者、安全管理者、マーケティング担当者など、多くの実務家にご参加いただいており、まさに研究者と実務家の有機的連帯(設立趣旨より)を実現しております。
 加えて、会員間の研究交流のみでなく、年次大会、部門別研究会は会員以外にも広く開放し、研究知見の社会還元に努めてきました。
 本学会は来年の2014年には設立30周年を迎えます。30周年の節目により一層の研究交流と社会への還元を目指して活動していきたいと考えております。ぜひ多くの皆様にご参加いただけますよう、ご案内申し上げます。

2013年4月
第10期会長 金井篤子(名古屋大学)

 


会則等 (別ウィンドゥで開きます)

産業・組織心理学会会則
産業・組織心理学会会則細則
理事・監事選挙規則
研究支援制度規程
産業・組織心理学会倫理綱領
JAIOP 研究支援申請書

PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe Reader」が必要です。下記の「Get Adobe Reader」のボタンで、Adobe Readerをダウンロードしてご覧下さい。
Adobe Readerのダウンロード

産業・組織心理学会
トップページ
本学会の設立趣旨と会則等
部門別研究会と大会
論文の投稿
学会への入会について
現在の運営体制

学会事務局の住所

 〒161-0033
 東京都新宿区下落合4-9-22
  日東印刷(株)内
   産業・組織心理学会事務局

電話

 03-6908-1301

FAX

 03-5996-7895

Eメール

 jaiop@nittop.co.jp


Copyright 2007, by The Japanese Association Of Industrial / Organizational Psychology